« 自分を信じれる限りこの旅路は続く | トップページ | 3万円から伝説が始まる »

2008年11月12日 (水)

特攻だけが攻めることではない

そこそこ競馬で儲けようと思うなら結構な下準備が必要。
今は大抵3場開催で土日で72レースもある。
平均14頭出走だとしても約1000頭くらいの馬の選別が必要。
馬券になる馬は約216頭。
まあどんなツイてる人でも全部あてるのは無理?
無理ではない。当てるだけなら複勝を全馬買えばいいだけの話。
競馬に挑むにもそれぞれのスタイルがある。
メインだけ買う人。朝から全レース参加する人など。
私も昔は朝から競馬場やウインズに行って朝から新聞と睨めっこしながらほぼ全レース買っていた。昔は東西で分かれてたから夏競馬は2場開催で暇つぶせてすごく好きだった。
今は3場買えるんで全レースその場で予想して買おうと思ったら一日はあっという間に過ぎる。これはこれで結構楽しいのだがおそらくこのスタイルで勝ってる人は天才。
勝ってるってのは勝ち続ける人のこと。たまに勝つくらいなら私でもできる。

今の自分のスタイルは木曜の夜に確定した出走馬をJRAのホームページでア行から立ち上げてエクセル3つ立ち上げて(これはデータなので今の競馬スタイルのコアになる部分)全馬を照会していく。
消す馬、買う馬をサーーーーっと選別していく作業。これが結構時間がかかる。
何走前の走りまで評価するのか、芝ダートの違い、距離の違いなどの異なる条件での出走のほうが多いためこの作業をソフトなどによるオートメーション化できないのが面倒なところ。
ここでのチョイスが競馬予想にそのまま直結するため人任せにもできない。
近走で脚も見せていない馬は消し馬としても選別していないし狙い馬としても選別していない。この時点では放置。
買いたい馬、消せる馬がいないレースはまずこの木曜の時点でパス決定。予想することすらしない。 買いたい馬も消したい馬もいないわけで要するに情報がまったくない中でレースそのものが見えてこないのだから素人の私が競輪や競艇を印の付いた新聞見ながら何もわからず買うのとなんら変わらない。これでは勝てない。
木曜夜の作業はこれでおしまい。
金曜夜に土曜の枠順が確定するのでここで土曜の競馬の予想をする。
あまり興味、面白さの少ないレースから潰していく。旨みがないと思えばレースそのものを消していく。100円単位で遊ぶレース、1000円単位でボチボチ買うレース、万単位で入れていくレース。どれも予想の時点では決めていない。
枠順、騎手なども当然頭に入れて本格的な予想に入る。
基本は単複馬連というスタイルで予想を開始するので3連単の3着流しの対象に・・・そんな程度の馬はこの時点では深く考えずおそらくこのあたりの位置取りでは?とノートに書きこみながら消していく。
条件戦の競馬で一番簡単なのはクラス、能力の違う馬を見抜くこと。
要は3ヶ月後、半年後の1つ上、2つ上のクラスで間違いなく走っていてしかもそこでも人気するであろう馬を買えば一番楽なのである。
10回レースをしても10回勝ち馬が違うようなレースに大金を賭けるより10回やったら7~8回はその組み合わせで決まるのでは???そんなレースが理想。
ただしなかなか見つけられない。それが★や☆☆☆☆☆レースということですね。
1/10や 1.5/10、 2/10でなんとかなりそうな感じならばある程度数をこなして利を稼ぐという感じですかね。
リアルタイムで競馬を見ながら馬券を買う場合と違って結構馬券がシンプルになっていく。
1レースで1万使うなら同クラスの自信度のレースを分母として10持ち(これは長いスパンで考えればいいのでその日のうちにということではない)目標金額を当然10に設定して10打数1安打以上でOKというスタイルにするのか3.3くらいを目標にして10打数3安打以上を狙うのか。目標を2にして10打数5安打以上にしていくのか。
要は買う馬券でもコントロールはできる。

とにかく長いスパンに多くのレース数による分母を増やし(やみくもにレースに参加して馬券を買うという意味ではなく3ヶ月とかのトータルでという意味)一気にとか一発でという感覚をいかに消していけるか。これ外すとヤバいとかここ勝負。そういうのを減らして淡々と賭け続けることこそ勝利への近道。
何度も自分に言い聞かせているが基本馬券なんて外れるもの。
元本保証でもなんでもないしPAY OUT率考えれば負けて当然。
ただしヤマ勘で立ち回ってるわけではないので当然その人たちに比べて多少有利にマネーコントロールできているというだけのこと。
このブログに昔から遊びに来てくださっている方はよくご存じだと思いますが競馬ってそんなに簡単にコツ掴むもんじゃないですよね。
現状の私もまだまだ4流馬券師なので進化の最中ですがどうしても脳内の想像でなく実際に経験して覚えていく、感じていくという感じですね。
もうすぐこのブログも3年ですが栄光行き線路を走っているのか地獄への線路を走っているのか。何かのきっかけ1つで簡単に行先は変わる。地獄へは走りだしたらきっと速い。
コメントをくださる方にいいコトバを頂いたのですが金庫にお金を入れて鍵をなくしてしまう。これを始めようと思います。
失ったりすべてが終わった後に学ぶことは当然あるにはあるのだろうが千円2千円って金でもないので守りに入る、もしくは暴走してしま前にできることはしておこう。
それによってもうひとつ脱皮して大胆になるかもしれないしまた新しいステージに進むのもいい。
人間そんなにツキが続くわけもなく当然下り坂はやってくる。更につまらん小さくまとまったブログになり下がるがこのブログがあってこそ今の自分の競馬のスタイルがあるわけで成長させてくれているブログで・・・
色んな人が遊びに来てくれるから当然いい緊張感をもって?書いているが誰も遊びにきてくれなくなってもアクセス数が毎日己一人の1になっても頑張っていけたらいいなぁ。
無謀、一発勝負、暴走、そうではなくて更に高度なレベルで攻める形、布陣をもう一度考えてみたい。

今週は気分転換で3万円だけ財布に入れてウインズでも行って自分がどんな馬券買うのか試してみようかな。。。ちょっと考えただけでもドキドキ^^

そう そう そう。。。こんなドキドキを待ってたんだ^^(何言ってんんだろう俺・・・寝よ)



ランキングに参加しています。気に入っていただければポチッとクリックしてやってください。 
コメントどんどんお待ちしております。  どんな方でも歓迎。楽しくいこう

人気blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 自分を信じれる限りこの旅路は続く | トップページ | 3万円から伝説が始まる »

コメント

お久しぶりです。

sinsinさんの昨年からの加速力に全くついていけずの私ですが、ボチボチ楽しみながらなんとか続いてます。結果を出すには膨大な下準備は不可欠だと改めて思い知らされますが、それを表に出さず黙って続けている姿勢がすごい。


私には到底まねできませんが、週1のレースに妄想をめぐらせて楽しむスタイルでこれからも続けて行くつもりです。

このままのスタイルでもご自身にとって何が大切かをわかっているsinsinさんなら暴走することは無いのでしょうが、大人の事情で(笑)実際の収支は出せないにしても、3万円企画は楽しみにしていますよ。

投稿: nozoweb | 2008年11月14日 (金) 10時37分

nozowebさんコメントありがとうございます^^
ご無沙汰しております^^
nozowebさんのブログよく遊びに行くんですよ^^
この間の皆さんの集まりスゴク羨ましかったです^^
ああいうのってまた違った人生観とか発見になりますものね。何よりリスペクトできるまったくこういう世界がけてば出会うことのない人と交流するってすごく刺激になりますよね。

相変わらずなるほどと思わせる予想内容。
これからも楽しみにしています。
またそちらにお邪魔してコメさせてもらいますね^^
ずっと大人の事情が続くとうれしいのですが・・・^^
まあ今年一杯走り続けます^^
来年こそはメイン中心に深みのある競馬ブログに変身したいですね。
なにせメインが当たりませんので・・涙

投稿: sinsin | 2008年11月15日 (土) 10時54分

はじめまして。sinsinさんの≪木曜の夜に
確定した出走馬をJRAのホームページで
ア行から・・・≫のやり方大変参考になり
ました。数日前よりブログを拝見させて
頂いてます。

今まで競馬新聞みてもどうしても印に
ひきづられて・・・なんて事が多かった
ですが、各馬のチェックを木晩から
行ってみると、意外に自分の注目馬が
人気薄で馬券で絡んだりなんてことも。

単複中心の馬券ですが、これからこのやり
方で馬券購入したいと思います!これから
もブログ更新頑張って下さい!

投稿: ヨッシ | 2008年11月16日 (日) 18時25分

ヨッシさんはじめまして、コメントどうもありがとうございます^^
どうにもならぬつまらない自慰的ブログですが今後ともごひいきに^^
オッズみて馬券買わないと自由に馬券が買えて楽しいんですよ。
当たった場合にそこからはお宝感覚というかこんなについていいんですか?みたいなことも結構ありますしね。
これからもどんどん更新していきますんでまた遊びにきてやってくださいね^^
ありがとうございます。

投稿: sinsin | 2008年11月19日 (水) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分を信じれる限りこの旅路は続く | トップページ | 3万円から伝説が始まる »