« 3連単の限界と使い方が見えた | トップページ | 長い長い旅路の記録 »

2008年7月23日 (水)

思いあがりと裸の王様

便器の水の中の汚れ。水垢だろう。立ち小便を毎日する私には毎日見える光景。
嫁は女性だ。その光景を決して見ることはない。おそらく室内に入り便座をさっと下ろしそのまま半身からボディターン腰を下ろす。ようをたすと清潔にしてそのままジャーっと。
ここ数日ずっと水垢がきになっていた。ちょうどブルーレット置くだけが切れて水がブルーでないのも見えやすい原因のひとつだったのだろう。おしっこで水垢を勢いよく落としてやるか、なんて放尿するが相手は溜まっている水の中。水が邪魔して敵本体まで届かない。
当然家のトイレなんで汚ねぇ~~~ってレベルではないんだけど気になってしかたない。
嫁を呼んで小言でも言おうかと思ったがおそらくあっごめんごめんという会話のレベルになってこちらの気持は解消しないと思い自分で徹底的に掃除してみた。
嫁は水垢に関しては特に何も言ってこなかったが汗かきながらトイレ掃除してどうしたの?と言ってきた。ありがとうの一言がなかったら延髄斬りでもお見舞いしてやろうかと思ったが。
どうしても人間の器が小さいので特に家では普段しない、嫁のテリトリーであろう仕事が自分に課せられる状態になるとしてやったやってやった、感謝されて当然だ。。。などという貧困な思考状態になる。
自分の子供っぷりにただただ呆れる。
ただ人によって見えている景色が違うから同じものを見ても見え方がまったく異なる。
同じ時間、空間を共有することで夫婦の価値観が近づき似たような景色の見え方になるのもいいし、その一方でやはり子供たちから見れば父と母であり似ていてまた非異なるもの。
相違する観点でモノをみれる男女という在り方も必要。

何気なくさりげなくでいい、ありがとうって言葉を毎日1回云おう。

最初は意識して何気なくさりげなくでいい、アイツのために何かしよう。

価値観を押しつけて自分に合わせろ、俺に恥をかかすなよ・・・なんて気持ちが自分の間違った思い込みのせいで強くなってきてしまったようだ。
彼女を好きになって愛して結婚してくれと頼み込んだのは自分。
今夫婦仲が悪いわけではないがそれももしかしたらこちらの一方的な思い込みなのかもしれない。
たかだかトイレ掃除をしただけでしてやった感が自分の中に生じた自分をすごく恥じるし情けなく思った。
俺は何様なんだ?ってね^^
人は死ぬまで多くの失敗をして反省しての繰り返し。
だからきっともっともっと成長できる。
相手を好きになって自分も好きになって。

今週は函館記念。マイヨジョンヌから一体何年過ぎたことか・・・・
確か大勝負かけて単勝1万と馬連5千円が降着でぶっ飛んだ。いまでいうとどれくらいの額に値するのか・・・あの頃は勝負かけてたなぁ・・・小倉のメインも当てたんでなんとかトントンだった記憶があるが一緒にテレビみてて(誰だったかは覚えていないが)函館記念終わった後、小倉の馬券持ってこんなちっぽけな金いらん。ご祝儀だもってけドロボウ・・・なんていったままテレビ中継が終わりその後ものすごい気まずい雰囲気で小倉の馬券が私の元に帰ってきたあのカッコ悪さは消して消せない過去。
坂井千明がグリーンチャンネルなどででかい顔して語ってるのをみると今でもぶん殴りたくなってくる。
そんな坂井千明を見て懐かしい昔話だね、、、なんてフッと笑顔になれる日はくるのか?
いいやそれに関してはわがままでいるよ。あいつは許せん。
偉そうに若手などに語っているのをみるとさらに許せん。・・・・・・・・・なんてな^^

ランキングに参加しています。気に入っていただければポチッとクリックしてやってください。 
コメントどんどんお待ちしております。  どんな方でも歓迎。楽しくいこう

人気blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 3連単の限界と使い方が見えた | トップページ | 長い長い旅路の記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3連単の限界と使い方が見えた | トップページ | 長い長い旅路の記録 »