« アウトローを探せ | トップページ | 天皇賞を斬る その2 実は見レース? »

2008年5月 1日 (木)

天皇賞を斬る その1

おはようございます。今日も早起き明日も早起き。明後日からはもっと早起きってか^^

最近夜飯を水分(スープなど)だけにしたら非常に体に切れがでてきて朝と昼の食欲もいい感じで胃もゴルフも競馬も絶好調なsinsinです。

さて今週は天皇賞春。昨年◎に指名したトウショウナイトがなんと天に・・・
安らかに・・・・・・

悲しんでばかりもいられません。もうそこに天皇賞春は近付いてきています。
皐月賞で好評でした(勝手に思い込んでる^^)ぶった斬るシリーズ、調子に乗って天皇賞でもやっちゃいますか^^

人気しそうなところから見ていきましょ。

アサクサキングス
おそらく馬券の軸として一番売れるであろうし実際買いやすいのもこれ。
実績も菊花賞1着、ダービー2着で申し分なし。京都も菊、きさらぎ賞でパフォーマンスを見せており心配なし。前走の大阪杯は直線で安勝アタックをくらいかけ3着も2000では今後もこういった入着程度のパフォーマンスだろう。しかし今の充実した馬体はホワイトマズルのいいほうがでてきたのだろう。4角での手応えという点では申し分なくここ数走はほぼ持ったままで競馬ができている。逆に言うと今回サムソンという王者に?が灯っているのでこの馬が格好の目標になる。先週菊2着のアルナスラインが圧勝してしまったことも付加価値としてオッズに反映してくるのでは?瞬発力に自信のあるアドマイヤジュピタはこれをマークしていればまず大丈夫という競馬になるのだと思う。周りにポップやアイポッパーなどと団子で3200を走るわけで最後の最後で自力というか本当の戦いという経験のなさが露呈されると思う。
先週のマンハッタンバーのように乗ればなんとかなりそうだが今回は横山Jが操る独特の流れ。動くも地獄待つも地獄。結局離れた先行グループから自分で動いて勝ちにいこうが溜めて瞬発力勝負風にしようがその周りにいる馬にひょいとやられてしまう気がする。
ホクトスルタンのところで詳しく触れる予定だが13秒台に何度も落とすことができない息の入らない逃げになりそうな今回。4角であっさり失速してきた場合、4角で先頭にこの馬が立っても昨年の菊花賞程度の競馬では正直立場が違うので一番厳しい競馬になるのでは?
ここで負けて低迷期に入り1~2年後もう一度爆発する日がくる。この馬はそんなタイプの馬だと思う。


アドマイヤジュピタ
阪神大賞典はまさに完勝。文句なしの強さだった。2,3着の馬には今回もどうのったって負けることはないと鞍上は思っていることだろう。
さて問題はこの馬はスピード馬だということ。どう考えても速すぎる、切れすぎるのだ。
暮れの香港あたりが適正な条件で日本国内にはこの馬に合ったG1はないような気がする。
まああえて言うならば宝塚記念なんだろう。今回はおそらくアサクサキングスをマークして後ろからブスリ・・・そんな競馬をもくろんでいるに違いない。ただチームアドマイヤのエースとして背負った任務ゆえにアサクサ早め先頭なら脚を小出しにする結果スタミナ切れが生じるわけだ。
デルタブルースでチグハグな競馬を繰り返していたジョッキーがここ一番の駆け引きでアサクサ相手に待てができるわけもなくデルタブルース、アドマイヤムーンの宝塚、JCなど基本は基本は早仕掛け王子。今回はアサクサキングスは差せるかもしれないがゴールまでその勢いが持続できるかはおおいに不安がよぎる。この馬を鉄砲玉として使ってアサクサを殺るくらいの作戦、近藤会の会長なら計算通りか?

まずはこの2頭。私的に直線失速2,3、4,5着が理想ということです。
今回のテーマは待て。

さてお時間ですので続きはまた今晩にでも・・・

ランキングに参加しています。気に入っていただければポチッとクリックしてやってください。 
コメントどんどんお待ちしております。  どんな方でも歓迎。楽しくいこう

人気blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« アウトローを探せ | トップページ | 天皇賞を斬る その2 実は見レース? »

コメント

今日も良い天気!
おはようございます。
sinsinさんも切れがよさそうで何よりです。
さて私、先々週132ページの週間おやじホップを何処かの競馬場に置き忘れましたが、先週の土曜日に福島の11Rあたりで1142ページ余りに及ぶ週間おやじステップ11冊を拾いました(笑)
週間おやじステップ11冊余り探すのに、56ページをちぎり捨てましたので、効率的にはまぁまぁですが…。
こう云うときに思うんですよね。
「なんで56ページなんだよ」って…贅沢とは解りながらもね(笑)
普通はここで週間おやじジャンプを拾いに出掛けたいところなんですが、昨年末からの好調子を持続させる為には、意表を衝いた休憩作戦も必要。
年末には大勝負して年末調整用に年貢納めするつもりだし。
アムステルダムのチューリップ(時期じゃないか)を観るのも良し、じゃなかったらゴッホ美術館でゴッホの絵を観ずに、中世の騎馬の絵をボーっと愛でるのも良し。
最近は歳のせいか自分が話せる言語が主体の航空会社でないとホッとしないせいもあり、とあるオリエンタルな御国からファーストで飛ぶことが多いです。
ファーストって云ってもオリエンタルな御国発着なら60ページ程。
12~3年前に経験済みのお子ちゃまと向き合い作戦が終了した私は、極端な欧米人のように子供にゃ何にも残さないよ作戦は出来ないけれど、自分自身の感性を維持する為にも使わなきゃね(笑)
…とか考えを巡らしてはいるものの、群馬県のとある温泉!ここの岩魚の活き造りが最高なもんで、ここにしとけば60ページなら10日は泊まれる、な~んて計算をすぐにしちゃうところも歳のせい?(笑)
30代の頃ならすぐにマラガのハイアットにGOだったのに…
これもなんだか寂しいな。
さておきアドマイヤジュピタの複勝は1,8~2,0くらい??あるのかな。
2,0って云うけれど、倍ですよ倍。
母の日のプレゼント資金の出元が判るのはマズイかなと思う気持ちを持ってる自分に少しは安心するけれど、1冊逝っときますか倍ならば。
1.5なら面白くないなぁ…
とか云って5割ですよ5割(笑)
ん??休憩作戦はどこいったの(笑)

投稿: sukhumvit39 | 2008年5月 1日 (木) 11時51分

sukhumvit39さんコメントどうもありがとうございます。
私はGWに潮干狩りにいこうか鱒釣りにいこうかで悩んでいます。
島国の外に出たことのない鎖国男な私にはまるで夢物語のような経験談。いやぁ勝手に想像が膨らみます^^
嫁のお父さんにも酒を飲むたびに絶対に行ったほううがいいと、海の外を見て来いと言われます。嫁のお父さんは若いころ家族を置いて飛び回っていたそうです。世界に友人とガールフレンドがいると嬉しそうに語っています^^
とは言いながらも私、標準語と名古屋弁の2つしか話せませんので(涙)、とてもとてもその国で素敵な女性を見かけて話しかけられないのは我慢できません^^

波をコントロールするのって大事ですよね。ゴルフでも毎ホール毎ホールピン狙ってバーディ考えてプレーしてもバーディどころかパーすら取れない。移動中は反省したりしても次のティーグラウンドに立つと欲しがり王子になってまた繰り返してしまう。競馬もそうですね。土日ごとにリセットなんてかかっていないから賭け続けるならずっとループしてるわけでフルショットばかりしてたらいろんな意味で消耗が早い。京都の2400あたりのG1ならアドマイヤジュピタに300くらいいけそうですね^^トップギア入る時のスピードが豊すぎてなんだか不安。意外と京都は差しが決まるんでアサクサ意識して早く動くと・・・。なんて一応横槍を入れておきますね^^


投稿: sinsin | 2008年5月 3日 (土) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウトローを探せ | トップページ | 天皇賞を斬る その2 実は見レース? »