« ノリノリの幸四郎でもう一丁 | トップページ | 区切りの土曜日 その1 新潟 »

2008年5月21日 (水)

わかってるホントはわかってるよ

最近競馬をすることにストレスを感じる。
もうほとんどというかフィーリングやインスピレーションで競馬が勝てないことに気づいてしまっている自分がいて・・・

こういったブログを通したコミュニティのなかで知り合った方とコメントを交わすなかで以前、バランスの話をしたことがあってリアルに競馬でお金を賭ける回収率を見る印を打つ。
これらの作業を機械的というか数的なものと考えての手段として行うのと血統やロマン、推理、私情などを交錯させ身銭を切って馬券を買う面白さは完全に相反するもの。

昔パチンコやパチスロをしてた頃おそらく可能性が高いが退屈な機種を打つのか派手で面白いが割りはおそらく厳しい台を打つのか・・・
パチの場合は時間的にも金銭的にも自分の人生というか生活スタイルに合わないと思って大学の頃をピークにやめたわけだが、最近は競馬もそんな感じになりつつある。

結局は脳内であり時間の裂き方でもそうだしシェアを少し狭めたいと考えているのだが、金学を下げればいいという問題でもないし、今更フィーリングでポポンと馬券買えって言われても買えないし・・・要は当日に競馬新聞見ることも最近はほとんどないし・・・
要は土日に半娯楽として息抜き&楽しくやっていたはずの競馬がその馬券を買うための作業が平日の夜に割って入ってきて1週終わるとその分の作業が増えて・・・ああまたノルマというかストックが増えたなぁという感じかな。
ホント増やすとか大きく儲かるとかいう快感や欲よりも減らしたくない、失くしたくないっていう保守的な思考が強くなってきたんですなこれが・・・

まあ競馬されてる方にかかわらず人間みなこの波の繰り返し。波が大きければその摩擦、そこから生じるパワーが大きくなってより前に進める場合もあるしそのままつぶれてしまう場合もある。
ああ一体何が言いたいんだい???私もそしてあなたも大体お察しがついてるんじゃないんですか^^
正直ビビりだしはじめてるんですよ。実生活そのものとのギャップがあまりにかけ離れすぎてしまってきてるから。
まあこのあたりのジレンマというかバランス調整をしていくのも相当面白いもので嫌いではないのですが何せストックしているモノは銀行の分厚い扉のその奥にしまってあるわけでもなく、ATMのように一日○○しか下ろせませんというのでもなく、誰かが管理してくれているわけでもなく、どれだけ溜めても貯めても、まるでダムや風呂に水を張っているのと同じで、門や栓がさっと開けばあっという間に消えてなくなるものだから、自分のルールをどれだけ作ろうが自己の理性をロックする労力も半端なく凄まじいということ。
結局はローカルスターの瞬間的成り上がり道程度のキャパしか現状の自分にはないということ。結局会社の金に手を出しちゃったり、嫁がいるのに外で女作ってみたり。。。
言い出したらきりがないわけだがそのあたりは自分の中でルール、ラインをきちっと引いて理性や背徳心などをバランスよく使いながら自分を抑制しきちっと管理する。
こういうことに関してはできないできないとおびえている人間はいないだろうし、まあそんなこと言い出したら何もできないからね・・・

新100萬男で競馬で儲けた負けたよりも自分自身をきちっとセルフコントロールする術をもう一度確認して新しい競馬との向き合い方を発見していきたい。

・・・・・・・・・それでも今の上げ潮のままもう少しいけないかなとかこのままいたいな、なんてふざけたことも当然振り払えず持ってるんですよ^^

先週はフェスティブナイト6着。売上金が単勝に120万、複勝に200万。1番人気のロードアルファードが単約950複約1500だからようやく適正な売上金というか人気に落ち着いてきたということだろう。4角までは内に潜り込んで完璧な競馬。やったと思ったがそこからが案外。柴田善騎手のコメントでは久々が少しマイナス作用として働いたんじゃないかな?とのこと。次は東京最終週稲村ヶ埼特別のハンデ戦か中京あたりに遠征してくるか。
いずれにしても楽しみだ。ペットボトルのお茶買うのやめて家から水筒持参して小銭貯めておかねば^^

ランキングに参加しています。気に入っていただければポチッとクリックしてやってください。 
コメントどんどんお待ちしております。  どんな方でも歓迎。楽しくいこう

人気blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« ノリノリの幸四郎でもう一丁 | トップページ | 区切りの土曜日 その1 新潟 »

コメント

sinsinさん御無沙汰です
そして おはようございます!

上げ潮 上げ潮
こう云う時って逝け逝けが博打の常道。
自分から手が縮んじゃったら、その後に待ってるのは大きく口を開けたゴミ箱(笑)

上げ潮からゴミ箱移行時には、どうせ2~3回続けて放り込まないと気づかない訳だしね。そのあたりの空気する感覚が張子の玄人、素人の分かれ目ってかな。
2~3回なら放り込んで休む方が良いやって思う時もあるけど(笑)
この2~3回ってやつ続いてくれたら良いけどね、これがまた絵に描いたように1回置きとかになってたら笑えない。

理解者 理解者です!ハイ(笑)
通ってきた道です(僭越過ぎだよ 笑い)
入れ物の器のサイズを大きめに変える頃なんじゃないですか?
きっとこの表現で解って貰える筈。

男が年齢を重ね成長する段階で、器は何回も変えなきゃなんないよね。
自然と勝手に変わってる場合もあるけど(子供とかが出来て)、自分から器を取り替えるべき時もありますよ。
下手するとそう云う時に、我が子の顔とか見てたら小さめの器に変えそうになるんだよねー(笑)
コレ大間違いって気づく数年後(笑)

ギャップが楽しいんですよ。
私も25年くらいギャップ楽しんでます。
大きい財に使ってしまって(将来のお子チャマ用にでも)、少しそう云う方の器のスペースを広げてみるのも有りっちゃー有りかも。

さて…と、レッドアゲートの上がりタイムじゃ届かないかなー。雨模様らしいけど…
云われてるほど荒れないって思ってるオークスなんだけどなー。


投稿: sukhumvit39 | 2008年5月21日 (水) 10時03分

sukhumvit39さんコメントいつもありがとうございます。いやぁほんと欲しかったコトバというか後押ししてもらえるというか、表現がすごく大好きです^^

下手するとそう云う時に、我が子の顔とか見てたら小さめの器に変えそうになるんだよねー(笑)
コレ大間違いって気づく数年後(笑)

この表現最高ですね^^
何がいいとか何がかっこいいとかその瞬間瞬間は自己満足というか納得させてるはずでも確かに踏み出しての失敗ってそんなに後引かないけど、踏み出さなかった場合の後悔ってひきずりますもんね。
競馬だけキャパ大きくしてもどうにもバランスが悪くなりそうでそのあたりで葛藤してます。それでも土日は毎週やってきて買いたい馬は揃っててみたいな・・・
どこかで区切りをつけなければならん時がきているような気がします。
人生もトータルの遊びであり旅であり鍛練。若造はこんな苦悩も経験できるだけありがたしと考えるようになりました^^
ほんと説得力のあるお言葉ありがたやありがたや^^

オークスは荒れないって皆感じてるから逆においしい中穴配当もあるかも^^
レッドからでもおいしい配当十分狙えそうですね^^

投稿: sinsin | 2008年5月24日 (土) 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノリノリの幸四郎でもう一丁 | トップページ | 区切りの土曜日 その1 新潟 »