« それでも負けるが競馬 | トップページ | 続、皐月賞を斬る その2 »

2008年4月19日 (土)

実は簡単?皐月賞を斬る その1

さて皐月賞ですね。いやぁ早いですね。
さて今年の皐月賞、じっくり考えましたよ。それでも皐月賞との相性は毎年悪い悪い。
元々がこのブログ始まって最初に熱を入れて買ったのがフサイチリシャール。
そして昨年がフサイチホウオー。複勝100入れ200返しには正直疲れましたね。
ということは今年もフサイチ買っとかないとね?^^

まずは簡単にというか18頭を整理してみましょう。

①タケミカヅチ
新潟の新馬で上がり33.0でインパクトのある勝ち方。ただドスローの新潟特有のものでまだ評価には値せず。2戦目は新潟2歳。ここは終始かかり気味でそのままゴールまで流れ込み。その後京都でデイリー杯で大外伸びて2着もメンバーが揃っていなかったということ、パンチの利いた末脚ではなかったということからも評価は上がらず。東スポは外外回って競馬に参加できず負け。京都マイルで賞金加算したかったもののシンザン記念でも今一つパンチ不足で負け。通信杯は最内ピタリから2着もショウナンの強さばかりが目立つ内容。
上がりもラスト50の勢いもパッとせず。弥生賞はもう少しやれるかと思ったが結局坂あたりで伸びきれず。現状は福島あたりで横一線の我慢比べで重賞に手が届くかなぁという程度。
当然軽視

②スマイルジャック
新馬は新潟で高センスを見せつけ楽勝。芙蓉、いちょうSはおごりというかフワッとする面を出しての負けで決して力負けではない。要は2戦とも外外を回ってのもので馬体を併せての負けではない。
東スポ杯の3着は単純に鞍上のイメージと馬のキャラが合わなかったということ。
それでもここも外回って決め手で負けただけでセンスは披露。
若竹賞は仕上げなくてもまず賞金加算できるであろうという陣営のおごり。
ただこの敗戦はこの馬にとって純粋に力負けしたといえなくもない。
その点でこのレースの1着はショウナンアルバ。2着はアサクサダンディ。4着はサトノプログレス。う~~~ん前週の京成杯よりすごいぞこりゃ。
前走のスプリングSは権利取りを賭けてマイナス10と絞ってようやく闘争心に火がついた。
今回上積みは?と思いがちだがそこは祖父ブライアンズタイムの流れから来る血の流れ。
好調の波の周期に入ればそのままの勢いでクラシック戦線を乗り切れよう。
当然高評価。

③フサイチアソート
新馬戦は勝負根性を見せ3頭併せの中からぐいっと一伸び。返す刀で2戦目に東スポ杯。
4角までラチにひっつき有力馬が外外へと動く中内からロスなく回ってきて直線もあっさり抜け出す。この勝ちをどう評価するかが非常に難しいところだ。
弥生賞はバッチリ乗り込んできたはずもまさかの見せ場なく惨敗。ただ救いは直線ですこしだけでも脚を使っていたよう。気になるのはスタートの悪さ。中山2000でいかに横山マジックといえども動けない馬でマジックを決めるのは困難。3角からの乱ペースで最内我慢でビクトリーロードが開くか?と聞かれれば今回の中山2000の舞台では非常に厳しいか?

④スズジュピター
新馬、オープンと道中の手応え以上に直線の伸びが目立つ馬。東スポでも外からスマイルジャックを差して2着。朝日杯では4角前での消極策が裏目にでての負け。
弥生賞では内々を回って4角動くもあっさり離されてしまう。ただそこからもジリジリは伸びているのでちょっと見限れない。ここでそこそこ走っておいてNHKマイルCあたりで面白いのでは?なんて思わせる馬。この舞台でこのメンツでは5着が精いっぱいか?

⑤レインボーペガサス
札幌芝でおろすも勝ちきれずダートで連勝。ここでの勝ちっぷりはかなりのもの。
きさらぎ賞は最高の流れに最高の騎乗で結果が出たというのがほんとのところ。
ただスプリングS前からイダテンだけではなくこの馬の調教も続けて乗り続けてきた安勝。
その意図は・・・彼にしかわからないがおそらくいい背中の持ち主なのだろう。
前走のスプリングSでは伸びずバテずの流れ込み。今回は一発まくりでもしかけてくるか?ア安勝。それでも力不足は否めない。というより脚の使い方を見る限り器用に競馬をするというようなタイプでもない。

⑥キャプテントゥーレ
新馬で大敗もキチッと2戦目で勝ち上がり。このあたりが良血馬のなせるところか?
野路菊Sはパンチ不足の内容。デイリー杯はもう勝ってくださいといわんばかりの内容。
真価の問われた朝日杯は出遅れでもう一つ答えが評価しにくい結果。
ただあの感じで直線にむいたところであっさりゴスホークに引き離されてしまった点は当然マイナス。前走は最内に同厩舎のペースメーカーを仕込んでいたので当然逃げ、ないし2番手からの競馬をさせるかと思ったらこれまた半端な競馬。
直線の坂で止まったのか3角から動き出した分坂で止まったのか?非常に見限るには迷う馬だ。ただこの中間の内容は完璧。弥生賞では◎にしただけにここも評価してあげたいがジリ脚以上に4角での回り方が馬、騎手ともに不安で置いてかれそう。逃げの手に出れば面白いのだが・・・

⑦オリエンタルロック
正直評価に値する点なし

⑧ダンツウイニング
東京ダートで新馬勝ちも結構冷や冷やの内容。オッズに対しては合わないくらい。
まったくのノーマーク馬なら評価してもいいかなぁという程度。ただラジオN杯も京成杯も着順以上に内の厳しいところでかなり内容の濃い競馬はしてきている。
それでもすみれSや若葉Sを見る限り現状の競馬内容ではG1のクラシック検定でまだまだ勝ち負けするようなプロセスをふんではきていない。

⑨マイネルチャールズ
府中での新馬戦では血統的魅力もあったし購入してみたがあらあらという内容でその時点で見切った馬。ただそこから未勝利を勝ち上がり中山2000で3連勝。
葉牡丹賞は直線狭くなったもののラスト伸びて2着。ただここで4角~直線に向いたとき外から完全に蓋をされてしまう。速い脚がないから一気に抜けてこれない。
ホープフルSも3~4角で完全にブラックシェルにまくられ厳しい展開もこの馬がグイっと差し返したというよりブラックシェルがたれたというのが事実。このレースでも3角から動きたいときに欲しい進路がとれない。ブラックシェルがもう少し強い馬ならかるくちぎられていた。京成杯も一見勝負根性の塊みたいな評価が多いが、これも4角で馬群をこじ開けれず俊足がないので包まれてしまう。この馬のウイークポイントはここ。
弥生は終始番手から早めにロングスパート。これは強い内容。ただ弥生賞のメンツ、己の賞金のことなど考えるとここはダービーを意識した騎乗をするべきだったと思う。
バルクの雰囲気に似ている。マイネルはダービーダービーと吹いているようでここは岡田総帥から4~5番手で・・・そんな指示が本当にでているようなら当然仕掛けが遅れて包まれて届かず・・・そんなことも考えられる。スケルツィのときで稲葉ラッパは感じているのであまり気にはしていないが正直重賞2連勝は内容的に???
それでも父ブライアンズタイムで買いやすいが今回は弥生よりポジションも仕掛けもワンテンポ後ろになりそうで目標になる分外側から一気にこられるとなんだか壁に挟まれ・・・なんてことも十分ある。

⑩ブラックシェル
新馬でダイシンプランに差されはしたもののすぐに勝ち上がりホープフルSでは若さと基礎体力の足りなさを露呈しながらも原石であるという素質は見せつけた。
福寿草はビッグネーム2頭(ファリダット、キングスエンブレム)をすさまじいまでのインパクトで差し切って一躍クラシック候補に。ただ福寿草の差し切りはファリダットの流れにキングスエンブレムがのっかってそれをかっさらった感が強い。それにきさらぎ賞は非常に危険な人気馬であったのは結果論だが弥生賞でのもうひと脚が物足りなく感じるのもこの勝負服に武豊。ただもう一度冷静に考えなければならないのは父がSSではなくクロフネだということ。3角からマイネルをはじめ一気に波が前に動けばこの馬にとって一気にチャンスになるのだがどうも武騎手がどうのるかがイメージがわかないしこの血統にこの戦績では正直厳しいか?これで鞍上が岩田君や安勝ならもう少し高評価してもいいだけに残念。SSのイメージでこの馬を御そうという匂いを感じる武豊Jでは厳しい。自信の消し

まずは前半10頭。ちょっと疲れたのであたたかいお茶でも飲んで後半書きたいと思います。しばしお待ちを・・・

ランキングに参加しています。気に入っていただければポチッとクリックしてやってください。 
コメントどんどんお待ちしております。  どんな方でも歓迎。楽しくいこう

人気blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« それでも負けるが競馬 | トップページ | 続、皐月賞を斬る その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでも負けるが競馬 | トップページ | 続、皐月賞を斬る その2 »