« 秋華賞3強の不安 その1 | トップページ | 狙って100万馬券を獲りに行く »

2007年10月12日 (金)

断ち切れ3強という鎖

こんばんは。秋華賞の出走メンバーも決まり追い切りも終わりました。
2強なのか3強なのか・・・
最終追い切りとインタビューから感じた事。

ダイワスカーレット
やはり追い切りは軽かった。狙ったG1の前は当然のように馬に負荷をかけてそれを乗り越えなければ栄冠はない・・・そんな感じのことを常にいっているような調教師があまりにも守備的な調教で・・・やはり前走時のイレ込みが気になっているのでしょうか?
ダービーで強くセットしすぎたホウオーの影響もあるのかな?
春はチューリップ賞2着→桜花賞は当然上積みを望んでの仕上げで松国流でよかったのだが今回はポジション的にも追われる、目標にされる立場。
しかも昨年までの阪神2000のローズS→京都2000の秋華賞でなく阪神外回り1800と京都2000では全く求められるものが違う。そういう意味では完全にトライアルと本番がリンクしにくくはなる。逆に中山の紫苑Sは1800→2000でより本番使用にはなっている。
当然スローな競馬になり、しかも追い出しもゆっくり。仮に今回ダイワが2,3番手で競馬できそうならナイストライアルだがハナまでありそうな流れ。そうとう厳しそう。
この時期に必要以上の馬体を併せてのゆっくりした追い切り。
7割方体もプラス体重でくるだろう。頭の中では何度シュミレートしても先頭ないし2番手でゴールしていく彼女にも少し危険な香りはしてきた・・・

ウオッカ
宝塚記念よりは上に上に推進していく感じが落ち着いていると思うが先々を見据えての競馬をさせるのであればダンスインザムードの府中牝馬Sほどではなくてもゆっくりリズムを作ってあげる後方からの競馬をさせてほしい。ただ調教師、騎手共にダービー馬という看板が重くのしかかっているよう。ダービー馬が牝馬ごときに負けられないでしょうという感じ。主役なら主役らしくドンとかまえていればいい。それなのに四位騎手のインタビューからも外の枠はいやだね・・・???前に行きまっせ、ダイワ潰しまっせ。。。そんな感じでした。やる気満々のウオッカはおそらくかかるね。これも厳しそう。
実際問題馬なりで上がってきたというより4角直線まで我慢できたチューリップ賞、ダービーは凄まじい迫力だったが自分から動いていった桜花賞や黄菊賞は伸びきれず。ラップ的に前半のスローがほぼ確定的な今回京都内回り2000でかかって抑えて、仮にかからずとも早めに仕掛けていけばヨレるか伸び切れない可能性が大。

ベッラレイア
武騎手も外は嫌と言っていた。これもおそらくある程度前に行ければと思ってるのだと思う。そういう意味で武騎手は想像よりもいい馬と前走後に発言したのだと思う。
実際中京競馬場であざみ賞を観てしまった。
瞬間移動、中京競馬場のご法度競馬で勝ってしまったあの競馬、オークストライアルで魅せたあの末脚。これらの輝きが先行早仕掛けで敗れたオークス、阪神外回りを最内で窮屈に立ち回ったローズSで少し曇ってしまったのでは?
前走プラス18Kで出てきて賞金もあって目標に向かってしっかり追えてる今回。
最強の鞍上も得て鬼に金棒か?
ナリタトップロードの血でG1の壁???とも少し思ったが走りがまったく違う。
私はオークスで上積みを考えてミンティエアーを◎にしていてベッラレイアを確か○評価にしたはず。ダイワやウオッカが出てきてもオークスは負けていなかったと思う。
兄に新潟2歳3着の早熟馬マルロスがいて?な母系かと思ったが3代母の仔にゴールデンフェザントがいて切れ者の血筋。サッカーボーイ×アメリカ血筋で小気味よいフットワークに繋がっているのか。ただ過去の秋華賞の結果をみていると恐ろしいくらい3番人気の戦績がよくない。しかも3強の3番人気で武豊って思い浮かぶだけでも天皇賞春マーベラスサンデー、ダービーのナリタタイシンなどきっちり3着。
ただわかってはいるけど脳内で何度シュミレートしても普通にダイワスカーレットが先行ないし逃げて2000メートルの最短距離を走ってくるとしてそれよりも外々回ってきてウオッカに競り勝ちダイワを差しきるにはかなりの無理な設定が必要。
このあたりの実績、イメージを払拭しにくいところが競馬の難しいところ。
手持ちの数十分の一程度のお金を賭けるんだから気楽にいこうよ・・・って考え方もあるけどここまで考えた秋華賞。自分で納得できる答えを出してそれに見合った金額をキチッと張っていこうと思う。競馬で負け続ける人は100万馬券獲ってみたいなぁとか10万馬券獲りたいなぁなんて口では言うが実際はそんな馬券に100円だって使っていないことが多い。誰もG14勝のダイワメジャーが1600万勝ったばかりのチョウサンに差しきられると思うでしょうか?
実績、格、配当・・・・・そんなものが人を縛ってしまう。
実生活でもそうです。例えば黒いベンツに鳴らされたクラクションと軽自動車にならされたクラクション。同じ音でもすごい違いです。人は思い込みや先入観で判断してしまうもの。そこに経験、知識があればあるほど慎重になり悪いほう悪いほうに考えてしまう。
毎週毎週負けながらもその鮮やかさ、その戦績、その血統背景に今度は大丈夫、負けるわけないと人気馬人気馬にお金は流れていく。
もう断ち切っちゃえよ、そんなもの。

そうは言いながらもどうにもダイワスカーレット優位から頭が動かない私も相当なバカです。
木曜夜の時点
◎ベッラレイア
○ダイワスカーレット
△ミンティエアー


ランキングに参加しています。気に入っていただければポチッとクリックしてやってください。 
コメントどんどんお待ちしております。  どんな方でも歓迎。楽しくいこう

人気blogランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 秋華賞3強の不安 その1 | トップページ | 狙って100万馬券を獲りに行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋華賞3強の不安 その1 | トップページ | 狙って100万馬券を獲りに行く »