トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

共同通信杯 各陣営の目線から

今週府中で久しぶりに楽しみな重賞が行われる。この時期にこのメンバーが揃うのは2000万以上の収得賞金一律+1キロに変更し、有力馬の出走を促し売り上げアップにつなげようとするJRAの改革のおかげである。出走予定有力馬
1フサイチリシャール
2アドマイヤムーン
3ショウナンタキオン
4マッチレスバロー
5マイネルスケルツィ+その他........
クラシック路線の有力馬達が揃っています。現状ではあとジャリスコ、ジャンク、サクラといった所が有望とされています。
まず1フサイチですが、ここを使ってそのまま皐月、NHK、ダービーという路線のようです。
戦績はNO.1といえるでしょう。カメハメのようにこちらの評価以上に実は強いのかどうかですが、私はそうは思いません。オープン、G3、G1、と勝ってきましたが、全く強さを感じません。個人的に芦毛の馬からなぜか迫力やオーラみたいなものを感にくいということもありますが。時計的には特に欠点は見当たりませんが厳しい競馬をしていないし底力みたいなものが欠乏している感じ。騎手や乗り方の違い、レースの流れなどの違いはあれ、ビワハヤヒデのこの時期の感じに似ている。今はスローペース主体、上がりの競馬時代なので逃げ、先行して35秒を切る脚を使う本馬、そういう乗り方が得意な福永騎手はマイル前後の距離では好成績を残して当然といえる。今週のレースで控える競馬ないし4角団子からヨーイドンの差し比べになった時に差し返すくらいの勝負根性を見せれば本物ということでしょう。やはり私には本馬にはそのような根性、底力は備わっていないと思う。
馬体こそこの母譲りかつ厩舎特有のガッチリしたものにみえるが、父方フレンチデピュティ、母方ミスプロというなんともクラシックの底力勝負に向かないいい意味での軽さが血の流れにある。サンデーレーシングの馬達に多く見られる配合の流れでありG1クラスの活躍馬が少ない理由はこのあたりにあるのでは、、、。
続いて2アドマイヤだが戦績、血統共に切れ味No1といって過言ではないであろう。
たんぱ杯でつけた3着馬との差はほぼ圧倒的なものでる。しかしなぜ当レースを使うのか。目標はダービーといわんばかりのローテである。実際関係者も言っているのだろうが。この馬は明らかにすべてが皐月、中山向きであろう。弥生かスプリングSからのローテなら皐月はまず間違いないと思っていたが今週の出走は賛同できない。瞬発力は非凡だが左回り、府中の広いコースでは求められるものが違う。陣営の試行、武騎手の乗り方もおそらく想像はつくが、本馬の戦績に意味不明な敗戦が残るのならばココという感じがしてならない。敗戦が皐月賞のオッズを少しでも跳ね上げるならば敗戦を期待しよう。
願望のほうが強いが。。。
続いて3ショウナンです。新潟の2戦はクラシックには直接結びつくようなものではないでしょう。朝日杯を仕上がり途上で窮屈なレースながら少し素質を見せたがジャリスコに並べなかったあたりがこの馬のポテンシャルの限界なんだろう。田中勝騎手がどのくらいの先入観と固定観念をもってレースするか分らないが、この馬こそクラシック云々でなく、当レースのウイナーないし2着になればこれほどありがたいことはない。ローテ的にも絶好でありずばり狙ってみたい馬である。あくまで当レースのみの狙い馬であり、クラシックに駒を進めてきてもバッサリ切っていい馬だと考えています。
4マッチだが非常にいいバネをした馬だと思います。しかし例年ならば2着あたりに差し込める馬ですがこのメンバーでは1枚完成度、戦績ともに足らずといった所。ここは3着で素質を示してもらい古馬になって関東圏のG2、G3で大暴れしてもらいましょう。
5マイネルですがこれは1フサイチの乗り方と善臣先生の乗り方次第でしょう。流れと展開次第で3着はありそうです。
今週の予定だが
3連単
フサイチ→→ショウナン→マッチ、マイネル
ショウナン→フサイチ→→マッチ、マイネル の4点
馬連フサイチ-ショウナン  馬単ショウナン→フサイチ の2点 計6点
アドマイヤが負けることだけを望んで軽めに遊んでスケベ心がでないようにゴルフの練習にでも行くとしましょう。一番強いと思う馬を心鬼にして一切買わずに見送る。実はこれこそが馬券必勝理論なのかも知れませんね。アドマイヤにBETしない自分でありますように。お仲間になれそうな方いませんかねーー。

クリックお願いいたします↓↓↓↓↓↓↓↓

<a href="http://horserace.blogmura.com/">にほんブログ村 競馬ブログ</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうして自分を信じれない?

1/29日はリアルタイムで全くレースや情報を得ることができない一日でした。前日深夜、予想の段階での購入意欲のわくレースは小倉9R⑦レースのアルシャトルとス⑮トーンブリッジ、京都9R④ストラタジェム、11Rの④チアフルスマイル、12R⑫ウインサウザーでした。
小倉の⑦アルシャトルは、散々今開催の中舘騎手の不可解な低調リズムを指摘しておきながら⑮ストーンブリッジを押さえに回し、軸馬、単複本命としてしまいました。⑮はちなみに前走中舘騎手からの乗り代わりで理にかなってたんですけどね。。。悔やまれます。今開催の小倉のレースで最も勝負できたレースを逃してしまった気がします。⑦はずっと追っていた馬だけに冷静になれていなかったんですね。⑮は前走中京芝1200予定も、直前の降雪でダートに変わり対応しきれなかった分の負けでした。難しいですねー競馬は。
京都9Rは3着、僅差だったのでよしでしょう。狙いとしては悪くありませんでした。
12Rは⑫ウインサウザー。近走はもっぱら岩田騎手のお手馬として彼が中央にやってくる日にあわせて登場してきます。岩田騎手はラチを頼って走らせたいらしくどうも枠順、番手などかみ合っていませんがこれも能力は2歳時から注目しており追い続けてしまいました。次走、思い切って騎手変更ならもう一度検討してみましょう。
さてさて痛恨の11Rです。
なぜ私は④チアフルスマイルに踏み切れなかったのか。阪神牝特は休み明け、かつスローペースの少頭数でメンバーも揃っていた。スワンステークスの内容からも京都のほうが現状あっているだろうと思いパス。金杯はスローペースと前残りのいったいった競馬の傾向が強かったのと同脚質の牡馬が揃いすぎたためここもパス。外差しの決まる馬場になってきた(前日の藤田騎手騎乗、リキッドノーツがよい例)絶好の外回り1600。
が、しかしBET出来なかった。ナゼナゼナゼナゼナゼ。
揃いすぎていた。自分の中で安心、安全、保障みたいなものが揃いすぎていたのです。
前日の東京新聞杯で潤った残高も理由のひとつ。前日京都10R12Rで勝負した2頭がことごとく見せ場なく馬群に沈んだこともマイナスの相乗効果になっていた。
ハルカ、ディアデラ、レクレドール、シュクルがある程度の自信を持って消せたことも逆にチアフルに死角なしということに対しそんなにうまくいくか?という疑心に変わってしまったのです。時すでに遅し。もう本命は②トーセン、幸騎手の内枠からいったいったに変わっていたのです。外差しの馬場傾向というのも忘れ。はぁ情けない。今週からは、BETに対して結果でなく後悔しないつじつまがあわないBETは控えるよう努力したい。
何かよい処方箋はありませんかねー。この発作。。。
今週のピックアップは後日。自分を信じる旅にいざいかん。

投票お願いいたします↓↓↓↓↓↓↓↓

<a href="http://horserace.blogmura.com/">にほんブログ村 競馬ブログ</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

なぜフジサイレンスなのか

1月28日回顧第2弾
府中です。まず1R⑧ケイアイカルディナですが、これは、3走前の府中2着が目立ちますが、私は、2走前の中山12月3日の4着のレースがものすごく気になって、以来追い続けているわけです。多少の不安点があるので大きな勝負にはいたりませんが。過去3走ともそんなに早いラップを追いかけて先行したわけでもないのに、上がりでメドのたつタイムをだしていない点です。しかし12月3日のレースが直線に向くまで引っ張りきり、直線に入るとジョッキーは追い出しを我慢するくらいの手応えから全く伸びず、どうにも不自然でした。それ以来注目をしているのです。次走は直前にかなり強めの追いきりで挑んでくれば購入対象としますが、それ以外なら静観の姿勢です。パチスロなんかの中毒性の方に多いと思いますが、オカマをほられる事を過剰に悔やみ嫌います。競馬にも多く通じる点がありなかなか自分の注目しているお手馬を馬券対象からバッサリ切ることは容易ではありません。しかし勝手に勘ぐってマイナス点に目をつむり追い続けるのも度を越すと相当な赤につながります。悪い癖なのでこれを機に考えなおしてみたいと思います。

さて本題の東京新聞杯ですが今年から開催日も土曜に移りよりGⅢ感が強くなりました。
特に府中のGⅡとGⅢでは格という点で全く勝ち馬が異なります。
土曜朝の時点での予想は記述の通り
④⑥⑩~①⑨⑫ 連100×12 ④⑥⑩の単複200×3でした。
実際このまま購入し⑥と⑩の単複200ずつを買い足しておきました。
購入理由も記述の通りです。
そして移動で時間が取れないと思っていた私に予想外のことがおきます。
東京に早く到着し首都高をタラタラ走りながら車中で(ほんとはよくないけど)テレビが見れて、なんとメインのパドックまで見れたのです。これが追加投資のBETです。

通番場名曜日レース式別馬/組番購入金額的中/返還払戻単価払戻/返還金額  馬券 
01 東京 11R 馬連BOX 03,04,06,10,16 各  100円
計1,000円
10-16 15,020円 15,020円
02 東京 11R 3連複BOX 03,04,06,10,16 各  100円
計1,000円
03-10-16 27,260円 27,260円
03 東京 11R ワイド 06-10 500円 0円
04 東京 11R 馬連 06-10 100円 0円
05 東京 11R 単勝 06 400円 0円
06 東京 11R 単勝 10 400円 10 5,180円 20,720円
07 東京 11R 複勝 06 2,000円 0円
08 東京 11R 複勝 10 2,000円 10 910円 18,200円
トータル 7,400円 81,200円

あくまで⑥と⑩は遜色なく見えました。⑥はもう少し絞れてくれば理想ですが、藤沢厩舎はそんなにビシビシ追わないので今の時期、このくらいが限界でしょう。予想段階で記述したように⑩は江田騎手の前走のような早仕掛けがない以外充分勝負になるデキに見えました。結果江田騎手の前走が糧になった我慢のかいあって、1着。オッズ自体は見ていなかったのでこんなにつくの?という感じでした。2004年10月の500万下府中1600を五十嵐騎手で快勝して素質を示して以来本格化したようです。ベストなステージだったのでしょう。できれば④か⑥がきていれば最高だったのですが柴田善Jの好調なリズムにはかないませんでしたがよしとしましょう。

12Rですが①タマモドンの複を2000追加BETし見事?3着でGET。この馬も昨春あたりから完全に末脚を発揮できるようになってから好調期間の長い馬で9歳ながら頭が下がります。しかしこちらの配当を見て、みなさんよくわかってらっしゃるなぁというのが本音。

1/29は後日。ここからの馬券の変化が非常に面白く反省深いので楽しんでいただけると思います。特にチアフルスマイルを阪神牝特、金杯を見送って、万全の決意で購入予定だったのに結果複勝100だけという経緯について私の心の葛藤と変化を追ってみましょう。
投票お願いいたします↓↓↓↓↓↓↓↓

<a href="http://horserace.blogmura.com/">にほんブログ村 競馬ブログ</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月28の真実 

1月28日は実際BETが予定を約20000上回った。これは先日記述した、愛知~千葉まで車で移動していたのですが予想以上に早く到着してしたため、メイン(特に府中)、最終に追加投資してしまったためである。久々に関東圏のテレビ中継でパドックと馬場状態などが見れて思わず。。。結果冴えていのですがあまりに軽率だったなぁと反省しております。
まず小倉競馬ですが1レースの②メイショウシャフト勝ちにいった分の2着。1着に単1番人気1.2倍だったため配当はイマイチでしたが、満足満足。次走も要注目です。
5Rの⑤タヤスワカシオは3着。1,2着が1,2番人気でいったいったの中差込。配当も720で大満足。こちらも滞在で連闘もしくは中1週で小倉ダートに登場してくれば要注目。
11レース③は内枠ルメールあっぱれというところ。最終レースに追加投資し無駄金になったが、今開催も含め小倉はこのくらいの額で楽しむ程度がよいだろう。イメージですがオッズにルールというか癖がなく、異常オッズを考慮することよりも、冷静にオッズを眺め、対象馬がそのオッズに対して相当かそうでないのかで小額、少数BETがよいと思います。
1/29日のところで触れますが、9Rの⑮ストーンブリッジ(単のみ購入GET)の複勝630がわかる方にはわかるこれぞ小倉。という結果ではなかったのでしょうか。しかし中舘騎手のリズムの悪さが気になります。今週は有力馬の騎乗依頼、前走からの乗り代わり(特に関西馬)がどんな感じになるのか注目です。それよりも武豊騎手参戦予定なのでガラッと全体の傾向がかわるなあ。
続いて京都です。
こちらは大惨敗でした。すべてが噛み合わない。こんなこともあります。
10R⑫ミスパスカリは池添Jと手が合わなかったという一言ですましてしまいます。本当にレースをみて強く感じました。次走のジョッキーに期待ですが、登録するレースにも注目です。条件次第では、しばらくスランプ期に入るかもしれません。
12Rの⑮シルクチャンピオン15着はまさにヤッてしまった、という感じです。人気(2人気)もそうですが元々ムラ駆けの馬は1走見ぐらいでちょうどいい。それよりも1番のミスは結果ではなく今開催の京都ダ、特に1800で外枠の差し馬に多額の投資をしてしまったこと。先々週のワイルドワンダー、メイショウサライで学習した事を全く生かせなかったことです。できれば本馬は今開催をパスし阪神に登場していただいた上でもう一度検討してみたい。体調自体は上昇していると思います。朝一でなかったら購入してないだろうなぁ。
これは悔やまれます。
投票お願いいたします↓↓↓↓↓↓↓↓

<a href="http://horserace.blogmura.com/">にほんブログ村 競馬ブログ</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

結果報告(東京新聞杯GET)

先ほど無事関東から帰って参りました。それではまず結果報告から。
小倉1R 連②-⑥ 1040×100 複②340×200
小倉5R 複⑤720×100
小倉11R 単③450×100   
総投資額3200予定 実際BET6300 回収2890 収支-3410

京都7R 単⑫500×100 複210×100
総投資額予定 13200   実際BET15800  回収710     収支-15090

東京6R 複②140×500
東京10R 複⑫430×100
東京11R 単⑩5180×800複⑩910×2400連⑩-⑯15020×100 3連複③-⑩-⑯27260×100
東京12R 3連複①-④-⑧2610×100 複①330×3500

総投資額予定10400 実際BET24200 回収120850   収支+96650

1月28予定BET額26800 実際BET額46300 総回収124450 総収支+78150

1月29日
小倉9R 単⑮1270×200
総投資額予定3900 実際BET3900 回収2540 収支-1360

東京7R 複⑮190×1000 枠4-8 460×100
東京9R 複⑯240×1200
東京11R 複③280×100
総投資額予定7200 実際BET8300 回収5520 収支-4940

京都11R複④310×100
総投資予定額19600 実際BET9400 回収310 収支-9090

1月29日総投資予定額30700 実際BET21600 回収8370 総収支-13230
二日間トータル
投資予定額57500 実際BET 67900回収 総収支132820 総収支+64920
東京新聞杯の⑩フジサイレンス&江田騎手の想像以上の鮮やかな走りにシビレました。
京都牝特の④チアフルスマイルに予定をくつがえしBETできなかった、自分に猛省。
予定からの金額、心情 馬券の変化の詳細は明日予定。ん~~~~悔しい2日間でした。
  応援投票お願いいたします。↓↓↓↓↓

<a href="http://horserace.blogmura.com/">にほんブログ村 競馬ブログ</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

予想第三弾 東京

朝も早くから時間いっぱいいっぱいまで頑張ります。今日は東名のって名古屋~千葉へのつらいつらい移動です。はぁーー。
東京1R ⑧~⑥⑦⑩⑪⑬ 連100×5 単複100×2
⑧は中山で連敗するもピリッとした脚が使えないタイプ。東京ダでスッと先行できればアッサリ押し切れる。
2R~6Rまでパス
東京7R ③⑤⑦ 連BOX100×3 単100×3
③は前走ゴール前目立つ末脚。武豊騎手騎乗で人気に応えられる可能性大だがおそらく開幕週東京、3歳500万下、まだ2戦、初遠征で単勝1点台。そこまでの魅力はない。
東京9R ⑥⑦~①②⑨ 連100×7 単複100×2×2
人気①は能力上位もおそらく今回は先行。ならば1番人気②にとっての絶好のターゲット。②も能力、実績は1枚上も今回は鞍上、陣営共にタメを利かしたレースをしておきたいはず。ならば4角である程度よーいドンの形になれば⑥⑦の瞬発力で充分差し込める。
東京10R ④⑫~③⑥⑧⑩ 連100×9 単複100×2×2
人気①は小回りの長距離のほうがよさそう。⑪は臨戦過程に上昇カーブも前走が数字ほどシッカリした走りではなかった。こちらもかかり癖があるのでおそらく考えて乗るでしょう。④は内枠をロスなく進めれば充分圏内。唯一の不安はドスローからの上がり勝負。
⑫は前走大きく崩れるも、もともとがムラ駆け。中山2500の⑯枠から外々を回されたもの。府中でバルジューに我慢がきけば充分差込可。
東京11R ④⑥⑩~①⑨⑫ 連100×12 単複200×3×3 
④はラチ沿いをスイスイならもたれることもなく粘れる。⑥は絞れていればgoodだが、不利がない限り馬群から抜けてくるでしょう。ここかエプソムCあたりがいかにも向く条件ではないか。⑩は前走雨、中山マイル大外から見せ場充分の3着。前々走も中京1200で引っ張りきりのまま前が詰まって11着。府中でスムーズなら充分勝負。江田騎手の我慢に注目。
人気③はペリエ騎手と関屋記念以降の左回りにやや不安。
東京12R ①~④⑤~⑥⑧⑪⑫
連200×2 100×4 三連100×15 単300複1500
①は近走確実な末脚。柴山騎手、東京ダ、追い込みとくれば鬼に金棒。馬体が絞れてくればなお増資。しかし府中開幕を考慮したら、、、。
明日は小倉9Rのアルシャトルも要チェキ。
まあこんあんもんで私の予想のくせ、傾向が理解していただけたのでは、、、。
結果が出た後お楽しみの考察といきましょう。

東京 合計BET10200
<a href="http://horserace.blogmura.com/"><img src="http://horserace.blogmura.com/img/horserace80_15.gif" border="0" alt="にほんブログ村 競馬ブログへ" /></a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想2京都

お次は京都です。武豊騎手のいない関西はどうにもオッズもレースもしまりが悪く、信用も旨みもすくないですね。
1~6Rパス
7R 2頭軸⑬ ⑫~③④⑥⑨ 連100×9 単複各100×2×2
人気馬②⑤⑦が騎手、馬の調子、展開ともに信頼性に乏しい。ならば外差し期待の⑫⑬
特に⑬は前走1400を使った事で追走に余裕がでれば充分差し込める脚は秘める。
9R ④⑦~②⑥ 連100×5 単100×2
人気が予想される⑩はどうにも阪神の芝、コース向きな気がしてならない。どうにもフォームが重いのだ。④は調教タイムをグンと短縮。これで絞れてくれば。⑦は福永騎手への乗り代わりだが府中1400を見送って京都1600に遠征してきた点とこの時期に相手なりに安定した差しの戦歴はよい。
10R ⑫~①③⑤⑬ 連200×4 単500 複2000
⑫が調教過程に好感。暮れのから年明けの同クラスのレースを同厩のミルフィオリに任せ京都外回り1600に登録は好感。外枠も大跳びのこの馬には好都合。
11R ③⑩⑭~⑬⑨ 連100×9 
③⑭ともに馬に問題なしも⑭はジョッキーが武豊騎手でないし、メインで河北騎手は出遅れも多いのでやや不安 ③は本田騎手がどうも勝ちきれない流れの中にある気がする。
⑬も萩原、安勝コンビの西での成績が芳しくない。⑩がゲートに不安があるがポンとでれば楽しみはある。
12R ⑮~⑤⑥⑯ 連100×3 単2000複5000
⑮はズバリ勝負でしょう。多数レースに登録しておきながら平場のダート1800を使ってきたのはよい。4走前に早め仕掛けからの粘りこみ3着。3走前は差しが決まる中京の流れで4角先頭から10着。2走前は京都外回り2200、スローの瞬発力勝負で7着。前走雨の中、上がり37.2だが道中からハミ受けもよくゴール前までしっかりした脚で伸びてきていた。前々での決着だったので安藤騎手も手応えを掴んだことでしょう。

京都 BET合計126
ちなみに明日の11Rチアフルスマイル 12Rウインサウザーも同額BET予定
さあ当日ほんとにBETできるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

スタート1/28予想小倉

最初の予想になるので慎重にいきたいのだが、今週の土日はいきなりレースを見ることもできません。馬体重などこの時期特に貴重なデータなのに見ることなく予想をアップすることになるとは。。。
細かいプロフィールやBET理論は後日紹介させていただきますのでまずは予想と購入予定から。明日朝一でしか買えないなー。

小倉1R 2頭軸② ⑪ ~①⑤⑥⑦⑨ 連100×11 単100×2
②は武幸四郎が乗りに来ていること?前走走破タイムこそ遅いものの、前開催の阪神ダートにおける上がり37.0は破格。⑪は前走不利アリ
小倉4R ①単複100×2
こちらが武親子参戦の新馬なので勝負なのかな?
小倉5R ⑥単複100×2
こちらは星野厩舎、滞在競馬でしか勝負にならない馬 新潟以来の滞在
小倉 6R  ④ 単複100×2 西田騎手がともにハナをたたくとの期待
小倉12R  ⑭ 単複100×2 こちらも西田騎手のハナに期待
小倉 8R  ③ 単複100×2 高橋騎手の内枠、前走ダート5着もしまいよし 前々走は中京2500好メンバーの中で終始外々を回り先行からの4着 こんどはじっくり乗って差し
小倉11R 2頭軸③ ⑫~⑦ ⑪の連100×5 3連100×2 単100×2
⑫は難波騎手が外々回っても充分。③は先週赤木騎手がメインレースでみせた3角~4角一旦ためての差しきりをルメール騎手に期待。
小倉 合計BET3200 小倉はまだ傾向が危ういので軽め 先週の中舘騎手の意味不明なスランプが気にかかる。今週も、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紹介

はじめまして。競馬心理学なるもの本日よりスタートさせていただきます。

非常に楽しくて、かつたくさんの方とコミュニティがとれればと願っております。自己紹介はおいおい少しずつさせていただくとしましょう。

具体的にどんなことをしていくかというと競馬のもつ2面性を理解した上で(極端にいえば想像の世界と自己表現、証明の対象として馬券を購入するなどの楽しさ。もうひとつは賭け事の本質である、参加者、胴元との金銭のやり取りにおけるだましようのないリアルなお金の収支)欲張って両方網羅した競馬というものになればと考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »